●○ カテゴリー
●○ 中の人

笛田(fea)ツングスカ

Author:笛田(fea)ツングスカ
えんぺつとスケッチブックと鉱物図鑑を与えておけばあまり小言は言いません。
ときどき伴奏担当。

無断転載・利用等はご遠慮ください。
このサイトは諸版権元とは一切関係ございません。

●○ カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
●○ 最近の記事
●○ 最近のコメント
●○ Welcome
●○ リンク
●○ 月別アーカイブ

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2014/03/23//Sun * 23:42
●○Mineral the World pt.7


春色電気石ですよ。


とってもお久しぶりに鉱物標本などなどの即売会に行ってきました。
最後に行ったのは2年前のミネラルフェスタかなー

並んでいる標本もなんとなく変わってきている感じがしました。
マダガスカルの螢石のはいった水晶とか、
中国のざくろ石のはいった煙水晶なんかは、数が減ってきたような。。

ざくろ石のはいった煙水晶は、私が存在を知った頃にはもう出尽くしていたようで、
前にも後にもこれ以上いいものは出ないかなー・・・
という標本に今日たまたま出会えたりしました。

DSCN0366_s.jpg
すりガラスのような表面の水晶のなかに、
ひとつぶざくろ石が入っているのです。
表面にざくろ石が成長するだけでも稀なのに、なんということでしょう・・・

鉱物は水溶液なりマグマなり液体だったものが冷えて個体になるのと同じしくみで結晶ができるわけですよね。
そいで別の鉱物の傍らに別の鉱物が寄り添ってできるのは、
いろんな条件が合って、気の遠くなるような時間をかけてできるので、
なんとまあミラクルだなー・・・
と思いながらお勘定をしてもらっていました。
標本屋さんありがとう。


そんなわけで本日の戦利品は・・・
○コバルト方解石(モロッコ)
○霰石(モロッコ)
○藍晶石(ブラジル)
○満礬ざくろ石(中国)
○蛍石(懲りずに8面体のやつ。アメリカっぽい産地不詳。)
○藍銅鉱(アメリカ。アメチャンみたいなころころしたやつ。)
○オイル入り水晶(パキスタン)
○電気石(アフガニスタン)

オイル入り水晶と電気石のお店番をしていたパキスタン出身のおいちゃんがとってもおもしろかったです。
あやしい英語と日本語で交渉してまけてもらったけど、
それにしても値段が高騰してるよ・・・と云ったら、
おいちゃんいわく、今まで買わなかった人が集めだしたからだそうで・・・
そうなのか。ほんとにそうなのか。

鉱物標本の相場はけっこうテキトーだと思いますが、
このおいちゃんのお店は量り売りで、
オイル入り水晶なんかは2年前の値段の倍になっていました。
たのしいもんね・・・私も好きですよオイル入り。。。
そうするとおいちゃんは満面の笑みでブラックライトをもってくるわけです。
これをね、当てるとね、オイルの部分が青白く発光するのです。

DSCN0371_s.jpg

私があまりにガン見するからか、それともおいちゃんが石を観察したいのか、
「ルーペももってこようかな」などとおっしゃってた。
さらに内包物がなにかとかいうだいぶマニアックな話でなぜか盛り上がってみたりして。
で、結局お買い上げ。

一番上の写真はおいちゃん秘蔵の、
磨けない小さな電気石の山から選んだものです。
びっくりするくらいたくさんある中から好きな石を選んでいいよ、
というのは即売会ならではで、
宝探しのようでとっても楽しかったのでした。
また行きたいなー

▽拍手お返事ですー▽
>>02/24:1枚目の写真、楽しそうすぎる(笑) の方
 楽しかったですー!雪ふかふかでした!!
 しかし・・・いい大人にはこのあと雪かきという名の試練が・・・
 遊びっぱなしの近所の子供たちうらやましー。。。
スポンサーサイト

[TOP]
copyright (C) 2006 ARTICA all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。