FC2ブログ

●○ カテゴリー
●○ 中の人

笛田(fea)ツングスカ

Author:笛田(fea)ツングスカ
えんぺつとスケッチブックと鉱物図鑑を与えておけばあまり小言は言いません。
ときどき伴奏担当。

無断転載・利用等はご遠慮ください。
このサイトは諸版権元とは一切関係ございません。

●○ カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
●○ 最近の記事
●○ 最近のコメント
●○ Welcome
●○ リンク
●○ 月別アーカイブ

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2015/07/11//Sat * 19:16
●○煩雑なデスクワークからの逆噴射的発想。

20150607kondoroichin.jpg

デスクワークなかた、たくさんいらっしゃいますね。私もです。
同じ姿勢でずっといることがほとんどだから、血行とかすごい悪くなると思うんですよ。
たぶんずっと座っているので、きっと尻のあたりで血がたまるのだと思います。
尻で血行ストップです。

調子悪くてかなわないので用があってもなくても1時間に一度はトイレに避難することにしました。
しかしトイレには便座がありますから、結局血行尻ストップは変わらないのではないか。

とまあいろいろと試行錯誤していたんですが、
6月上旬あたりからいよいよ調子わるいなーとおもって病院行ったら、

医師「調子っていうか具合悪いねえ〜いちばん悪かった頃の6割ぐらい悪いねえ〜」
笛田「まじっSKA」
笛田「ストレス消すおくすりってないんSKA」
医師「ないねえ〜」
笛田「ですよね〜SKA」

私が病人なのかはわかりませんが、
当時の職場はというと弾道ミサイルを無差別にまき散らしたようなSATSUBATSUとした状況で、
この場の空気が起こす集団心理は回復のしようのなくなる一歩手前…という具合。
でもってガイアは俺にもう無理だと囁いており。

これに似た状況は一度経験しており、そのときはほんとうにひどい目に遭ったけど、
私の身体は今回もいろんな形で警告を発していて、
両側から押さえつけられるような頭痛(普段自分は頭痛持ちではない)、
肺のあたりを踏まれるような痛み(実際に踏まれたことはない)、
胃腸の不調に血便が続くなどあるものの、
個々の症状自体には対処してしまえばただの健康な人と変わらんのである。
それでもガイアのおかげで早い段階で気づくことができたから、
今のところ仕事しながらそれに対処する準備をすることができた。

順調だった頃に比べたらぜんぜん足らないけど、
今7月になって仕事の方はちゃんと流れて回っている。
まだいい方向に持っていってもらえたと思う。あと、よく我慢したなとも思う。

こういうのは早い段階で内外に助けを求めなければ、あとあともっと大変だし、
ある程度複雑な業務プロセスのある職場なんかだと、
個人でカバーできる量にはやっぱり限界がある。
これを放っておいて蓄積されれば、誰がやっても潰れる状態になっちゃうんじゃないかな。
云うだけならただですが、そのへんなんとかしたいもんです。

はよ職場で「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」
とか云えるようになりたいですな。

画像はワンドロに触発されて1時間限定で雑誌の記事の模写とかしたやつです。
真ん中のは木村カエラさんのScratch(2007年)のジャケットですね。
外に出られなくてもできるので雑誌模写はおすすめです。
ついでにもう2次元というか、平面になってるから野外スケッチより気軽にできるし。
お掃除のときとか古紙回収にだす前にするのもいいかもしれない。
スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 ARTICA all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。